読書

「夜と霧」

精神科医であるヴィクトール・E・フランクルが綴る収容所での記録

この本から感じたエッセンスを文字にするのは、私にとって難しい作業だと感じています。

歴史に残っている壮絶な事実を感じるのに精一杯です。

今を生きる私たちは「自由に選択して生きる権利」が当たり前のようにあります。

「人間の尊厳」も多くの人が理解しているでしょう。

それらは、もはや空気のように感じられて、その恩恵すら意識しなければ忘れてしまうのではないでしょうか。

今、多くの人たちが「生き辛さ」を感じています。

昨今のSNSで言われている「誹謗中傷」についても、鬱屈した複雑な背景があるのでしょうか。

【人為的】に起こされた極限状態での人間の有り様を、著者自身も極限状態の中でつぶさに観察し分析しています。

「生きる」「生きている」事実をどのようにとらえて、どのように感じ、いかにして進むのか。

今、私は生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です