ファッション / やってみた / 日常

部屋着でデニムを育てる

自宅で過ごす時間が多くなってしまった方も少なくない現在の状況で、室内で過ごす時間の楽しみを見つけられないか考えてみた所「デニム履き込み」を思いつきました。

デニムを自分の物として「育てる」楽しさは一朝一夕にはいきません。アタリやシワ、色落ちなど「経年」が楽しめるデニムは【履いている時間】が最も大切な要素になります。

自宅でリラックスするためにも部屋着は軽くて柔らかい生地が理想ですが、着用時間が長いと生地の傷みも早くなってしまいますね。

重くて硬いデニムですが反面、生地が丈夫である上に傷んだ所がそのまま「味」になります。この特性を経年変化好きが利用しない手はありません。

加えてテレワークや家事など自宅で仕事をする際、部屋着のままでは気分が「仕事モード」に切り替わらないことも考えられます。着替えることによって気持ちが切り替わり「やるべき事」に意識が向かう効果も期待できそうです。

お気に入りのズボンで過ごす時間はそれだけでも気持ちを高揚させてくれます。

暮らしの中に楽しみや明るさを見つけて今を前向きに過ごしたいですね。

洗濯のタイミングを見極めるのも楽しいポイントです。

※アメカジ好きは革ジャンを着込んだり、革製品の手入れやシルバーアクセサリー磨きなど室内で出来る活動が他にもありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です