ハロプロ

Juice=Juice CONCERT TOUR 〜terzo bis〜  札幌公演 

2022年8月6日(土)札幌文化芸術劇場 (hitaru)

今回はコロナ関連で井上玲音さん、工藤由愛さん、石山咲良さん、遠藤彩加里さんが欠席の6名でのコンサートです。公演参加メンバーはパフォーマンス中、随所に欠席者への思いを込めたリアクションを入れ込み「10人のJuice=Juice」としての意志を感じた公演となりました。

セットリストはこちら

今回も雑なメモと記憶を頼りに印象に残った場面を。※勘違い等ご容赦ください。

MCでの出来事

  • 段原さん「(遠藤)彩加里ちゃんは毎回お菓子やいろんな物をみんなに配ってくれる」植村さん「この前はラベンダーの香のパックをもらいました。今日使ってきたのでファベンダーのエキスで頑張ってる。もう汗で流れちゃったけど。」
  • 植村さん「るるはあんまりタコと絡まないよね?何話してる?」段原さん「話してるけど想定外の内容でキャッチボールが難しい(笑)」植村さん「るるは「うんうん」って聴くタイプだけど」段原さん「(タコとの会話は)うんうんって言えない(笑)時々何言ってるかわかんないと伝える。」
  • ラストMC入江さん「今日は工藤さんがよくやってるヘアアレンジをしました。幼稚園以来くらいのツインテ。そしたら一華が「なんでそんなに可愛いの!」とずっとサワサワしてきたりしました。」
  • 植村さんが最後の〆の挨拶をした後、松永さんが急に思い出して「ちょっと待ったー」と。そして客席に向かって「ペンライトをただのピンクとミントグリーンにしてください」とお願い。北海道凱旋公演で今回参加できなかった工藤さんと遠藤さんのメンバーカラーのペンライトの客席の様子とマネージャーに撮影してもらう旨を説明

ステージ上での出来事

  • 今回のツアーも衣装は2ポーズあるのですが全編通して松永さんは「白」と「ただのピンク」のタコの折り紙を衣装に付けてのパフォーマンスです。
  • Future Smileの2コーラスめBメロ由愛里愛の手繋ぎ場面は松永さんが上記の「ただのピンクタコ折り紙」をマイクに添えて歌っていました。
  • POPPIN’ LOVEの入江さん台詞パートは「たまにキツく言っちゃうけど【なまら】好きだからなんだよ」の北海道バージョンに。

江端さんもブログで語っていましたが、3Flower(有澤・入江・江端)の頑張りが目立っていました。今回の状況は、この3人の大きなスキルアップにつながっていた事をハッキリと認識できるステージとなりました。

スープカレーごち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。