ハロプロ

ハロプロ研修生2020

ハロー!プロジェクトの既存グループそれぞれの魅力はもちろんですが、今後の活躍が期待されるハロプロ研修生がアツイ!

モーニング娘。20、アンジュルム、Juice=Juice、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、BEYOOOOONDS、メジャーデビューして活躍する彼女達の多くは、これからご紹介する「ハロプロ研修生」というトレーニング制度を経てそれぞれのグループに加入しています。

現在のハロプロ研修生は17名、ハロプロ研修生北海道が5名

公式プロフィールはこちら→ハロプロ研修生ハロプロ研修生北海道

その歴史は長く、研修生制度の前身「ハロプロエッグ」から加入期を累積して30期まで到達しております。

加入年齢もそれぞれで、研修生29期・高校2年生の斉藤円香さんと小学6年生の小野田華凜さんが同期で、同じく小学6年生の松原ユリアさんは斉藤さんの1期上なので先輩です。

同期や後輩で既にデビューしているメンバーもおり、ティーンエイジャーの彼女達は厳しい現実を抱えながらも夢に向かって努力を重ねます。

研修生の活動は日々のレッスンに加え、3ヶ月に一度開催される「研修生発表会」、そして毎年ゴールデンウィークに開催される「春の公開実力診断テスト」があります。

また冬・夏にそれぞれ開催されるハロー!プロジェクト全体のコンサート(通称:ハロコン)での楽曲披露やバックダンサーも大切な晴れ舞台です。

特に「春の公開実力診断テスト」は毎回壮絶なドラマがあり、何名ものメンバーが、今後の人生の起点となる光景が繰り広げられ、研修生ファンだけではなく、ハロープロジェクトそれぞれのファンが注目している一大イベントです。

そして、ハロプロ研修生内でも「選抜ユニット」が結成されており、研修生内の実力者チームによる活動が昨年(2019年)夏より始まりました。構成メンバーは米村姫良々さん、石栗奏美さん、窪田七海さん、斉藤円香さんの4人です。(当初は5名でしたが、金光留々さんは昨年12月に研修を終了しました。)

研修生を応援する楽しさ・醍醐味は【ハロプロの未来】を担う彼女達の可能性であるといえるでしょう。

既にデビューしてハロプロの最前線で大活躍する先輩達にも「研修生時代」があり、多くのアーカイブ映像から感じ取れる成長の歴史もハロー!プロジェクトの大きな魅力の一つです。(メジャーデビューしているメンバーが研修生当時を振り返るトークも人気のコンテンツです。)

研修生活動中は先輩・同期・後輩のデビューや、研修生ではなく、各ユニットオーディションからの直接デビューをする場合もあり、実力・タイミング・可能性など単純に予測できない結果が待ち受けており、そのたびに様々な思いが交錯します。

そして、それぞれの人生の選択により、研修生からハロー!プロジェクトでのデビューをする事なく研修を終了する人達もいます。

様々な青春を詰め込んで疾走する彼女達に、我々ファンができる事は、応援あるのみ。その先に輝かしいデビューや辛い別れがあろうとも、現在進行形の彼女達が「真摯に本気に取り組む姿」に毎回、胸が熱くなります。

私が現在注目している研修生は京都府出身の江端妃咲さん(30期)です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です