ハロプロ

宮本佳林さん卒業

宮本佳林さんのJuice=Juice及びハロープロジェクト卒業が発表されました。

ブログ「宮本佳林から皆さんへご報告

昨年、ソロでの東名阪ライブツアーで大成功を収めた宮本さん。

ファンそれぞれの思いはあるでしょうが、多くの人が「卒業」や「ソロ活動」を意識していた事は事実です。

ハロプロエッグに加入してアイドル活動をスタートさせてから12年、キャリアとしては「大ベテラン」であり、ハロプロに限らず多くのアイドルからも尊敬と支持を得ている宮本さん。

しかし、ここまでの彼女のアイドル人生は平坦ではありませんでした。

エッグでの活動期間より、高いプロ意識と抜群のスキル・存在感を示し、演劇出演、研修生として先輩ユニットのツアー帯同、「コピンクス」でのソロ活動等、強力な実績を重ねながらも、一番の目標である「ハロー!プロジェクト」でのデビューにはたどり着けない現実

待望のデビューを勝ち取りながらも、新人としてのプロモーション期間には骨折治療のため十分にパフォーマンスには参加できず、MVでもダンスショットではモーニング娘。の石田亜佑美さんが代役を務めるという事態になりました。

2017年には「機能性発声障害」、続く2018年には「ベル麻痺」と様々な「怪我・病気」を乗り越えての活動

生来より持っている「才能」に強力な「努力」を重ねての「アイドル宮本佳林」があったと言えるのではないでしょうか。

今後の予定は6月のウラジオストクツアーまでJuice=Juiceとして活動すると本人から発表されています。

秋頃からソロ活動が本格化するようですが、本人のメッセージにあるようにJuice=Juiceとの連携企画も希望されているようです。

またDIYやインテリアという言葉を語っております。以前よりオーガニック食材が好きな宮本さんですが、ソロ活動ではロハス的なイメージの発信も想起されますね。

 

最後に、少し気になったのは、前リーダーの宮崎由加さんが昨年「25歳永遠説」という楽曲を発表して卒業された事です。

(ハロプロの25歳定年【説】は多くのファンが知る通りですが…。)

現リーダーの金澤朋子さんの年齢が現在24歳(2020年7月2日で25歳)ですので、多くの人が金澤さんの卒業をイメージせざるを得ない状況にありました。

金澤さんも今年、1月、2月と「ソロライブ」を開催されており、今後の試金石と言える活動を展開しておりますが今後の動向も気になる所です。

宮本さん卒業後のJuice=Juiceも、どのような変化・進化をして行くのか、今後も期待が尽きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です