ハロプロ

Hello! Project 研修生発表会 2021 〜春の公開実力診断テスト〜

先日4月17日に中野サンプラザで開催された「ハロプロ研修生2021 初単独ライブ〜エピソードゼロ〜」にて、ついに「Hello! Project 研修生発表会 2021 〜春の公開実力診断テスト〜」の披露曲とパフォーマンス順が発表されました。

以下、【私(自分)】の注目ポイントについて好き勝手に語っていきたいと思います。

※それぞれの思いがあると思いますので、意に沿わない表現があるかもしれません。ご容赦ください…。

会場ではそれぞれの意気込みも語ってくれましが昨年披露した曲と対比して見ると、前回からテイストを逆方向に振った人、前回のイメージをブラッシュアップした人、自身の標榜するスキルの延長線上にありながらフィールドに変化を持たせる人と、それぞれのパフォーマンスに対する心情が伺えてとても興味深いラインナップとなりました。

初出場の31期、有澤一華さんはオリジナルでは高橋愛さんのヴォーカルが印象深い「SONGS」を選びました。ライブ「エピソード0」でもフェイクやソロを任されており「歌唱面」での勝負という事でしょうか。対しての石山咲良さんもヴォーカルメイン曲の王道「Magic of Love」で勝負です。(石山さんは綺麗なお姉さん系ビジュアルで、現場でも「石山ヲタ」が目に見えて増えています。)今年高校三年生の大人31期、未知数です。

そして同じく高校三年生の広本瑠璃さん。大多数のイメージと昨年の選曲から「可愛い系」が定着しておりますが、今回は激しいロックチューンを選んできました。昨年とは真逆に向けた選曲をどのように仕上げてくるのでしょうか。

対して中学二年生の最年少グループ、植村葉純さんの「大人なのよ」の選曲理由が「子供なので大人ぶりたかった」という、とんでもなく可愛い説明がありました。これには会場全体(もちろんステージ上も)萌え死状態です…。

同じく中学二年生ですが今年4回目の参加となる松原ユリヤさん。過去は「春恋歌」→「sexy sexy」→「赤いイヤホン」と自身のパフォーマンスの指向(嗜好)が固まってきたように思えた中でクールでトリッキーな「Are you happy?」を選曲しました。今回も「隠し技」があるのでしょうか。

そして三回目となる小野田華凜さん。選曲は切ないながら力強い曲調の「Do it! Now」です。前回は総合的に素敵なパフォーマンスでしたが後半のスタミナ不足が課題となりました。すでに皆さんご存知の通り着実な成長を感じられるため、その成果が披露されるのが楽しみです。

さらに中学二年生がもう一人。ハロプロのYouTube チャンネル「tiny tiny」でみつばちまき先生から「ダンスが変わった」との評価を受けた村越彩菜さん。幼い印象でしたが、ここ数ヶ月で雰囲気が一気に変化したメンバーで「次々続々」を選曲です。

大人っぽい印象がますます強くなった西﨑美空さん(中3)。選曲は「愛して 愛して 後一分」、新高校一年生ですが「身長を伸ばすのを諦めた」など愛嬌のある発言と仕草で定評のある橋田歩果さん。選曲は「Kiss! Kiss! Kiss!」二人とも歌唱力・ダンススキルも着実に成長していますが、特にそのキャラクターやビジュアルに注目が集まっているメンバーと言えるでしょう。

同期9名を擁する最大勢力30期内で毎回、歌唱スキルをバチバチに争うと言っていも良い【平山遊季さん(中3)・北原ももさん(中3)・豫風瑠乃さん(中2)】この三人はライブ「エピソード0」でもソロやフェイクで活躍しており「スキル+勢い」という面ではそれぞれが審査配点の中心人物になりうる可能性が大いにあります。

それぞれの選曲は平山遊季さん「Rockの定義」北原ももさん「ブギートレイン’03」豫風瑠乃さん「この世界は捨てたもんじゃない」曲調も三者三様、ライバル三人の対比も今回の見どころの一つではないでしょうか。

5回目の実力診断参加、今回参加者の研修生筆頭27期の中山夏月姫さん。「チーム対抗オーディション」の際に後輩から聞かれた言葉の通り「頼れる素敵なお姉さん」として尊敬を集めております。

披露曲発表も披露準抽選も済ませていた同期・山田苺さんの突然の研修活動の終了(2021年4月23日)。7人の同期が各ユニットでのデビューやそれぞれの道へ進む中、最後の27期となった中山さん。様々な思いが胸中にあるかと思います。

中山夏月姫さんの選曲は「記憶の迷路」シングル曲のC/Wですが佳曲としてファンからもメンバーからも支持の厚いナンバーです。中山さんの今まで培ってきた世界観と非常にマッチしているように感じます。

そして最後に私の推しメンバーです。江端妃咲さん。歌唱力に自信がないとの発言がありましたが自身の「挑戦」と位置付けて、高音の美しいスローテンポの楽曲を選んできました。昨年はキャラクターを意識した可愛らしい楽曲でしたが、どのような成長を見せてくれるのでしょうか。(二年連続で「Berryz工房」の曲を選んでくれたのもベリヲタとしてとても嬉しい気持ちになりました。)

以上、参加者全員の(あくまでも個人的な見解での)紹介をさせていただきました。

毎年多くのドラマが生まれる「実力診断テスト」今回も研修生の皆さんの涙と笑顔を見ることになるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です