アウトドア / バイク / やってみた

キャンプ始めました。

かねてより興味のあった「キャンプ」です。昨今の密を避ける情勢も相まって人の少ないスペースで過ごす時間を楽しむためにソロキャンプに目覚めました。

趣味の一つであるバイクでのツーリングに加え、郊外に赴きアウトドアで宿泊という楽しさ2倍の新たな世界

キャンプには多くの装備が必要ですが「バイク移動」であるため極力荷物は少なくしたい気持ちもあります。

積載は登山などに使われる「背負子」を活用しました。車載用キャリアとしても安定しておりバイクから降ろしてそのまま背負ってテント設営エリアまで行けるのも便利です。

初めてのキャンプ場は埼玉県嵐山町の嵐山渓谷「月川荘キャンプ場」です。

キャンプサイトエリアはオートサイトのほか、フリーエリアで川を横断した整地エリア、林間や河原も選べる選択肢の多さも楽しいですね。

一年で一番の厳冬期ですが多くのキャンプ好きで賑わっていました。(しかしそれぞれとても静かに過ごしています。)

寒さ対策は基本的にバイクの真冬のバイク装備で問題ありませんでした。テント設営後はリラックスした防寒着替えも良いですが荷物になるので好みが分かれますね。どんな服を着るのかも楽しみの一つとして今後検討したいと思います。

夕方にはバイクで5分ほどの場所にある「玉川温泉」へ。昭和レトロをテーマとした施設でノスタルジックな雰囲気が楽しめます。食事メニューも充実しており次に訪れた際には食べてみたいものが多くありました。

泉質は強アルカリ性で重めのお湯にお肌もしっとり。

夕食はあらかじめ家で仕込みを済ませた食材を塩コショウとタレで楽しみました。ただ焼き上げるのに適していない道具だったので次に備えてホットサンドメーカーを購入し次の楽しみに。これでパンにチーズを乗せて焼くことができます♪

冬のキャンプ、深夜のトイレは一大決心ですね。外の寒さに負けることなく一気に移動して早々に戻る。これもアウトドアならではと言えるかもしれません(笑)

野外での活動を「レジャー」として楽しむ。とても贅沢な時間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です