ハロプロ

BEYOOOOONDS・2020を駆け抜ける。

自由なスタイルで縦横無尽にエンターテインメントを提供してくれるBEYOOOOONDSの活躍に期待大

春に予定されていたライブはコロナ関連で残念ながら中止となってしまいましたが、ファンクラブの先行チケットは軒並み落選祭り(地方公演含む)という結果で、昨年の単独ライブの実績も評価されファンの期待の高さが窺えます。

「まさにこれから!」という勢いの中、社会情勢は大きく変化しました。

そんな逆境の中、自粛が本格的になったGWから始まった「お家でもびよんず学校」がすごかった…。

各メンバーそれぞれの個性が発揮されていて、毎日様々なジャンルの「お勉強」を提供してくれました。

他のユニットに先駆けて、一人一人の個性と編集スキルに期待された内容で「YouTube」を最大限に活用しメンバーの可能性を大きく広げた貴重な期間だったのではないでしょうか。

まさしくキャラクターの宝庫であるBEYOOOOONDSメンバーを一人づつみてみると今後の活動もますます注目せざるを得ません。

最年長CHICA#TETSUリーダーで研修生歴も長く他のメンバーから見ると大先輩的な位置のはずなのに、天然と言われみんなから見守られるポジションとも言える一岡伶奈さん。大の鉄道好きはソロでのお仕事にも繋がっています。

可愛い見た目とは裏腹に昆虫や恐竜が大好きなワイルド少年を内に宿す島倉りかさん。昭和歌謡も大好き。初写真集がリリースされます。

可愛い声とあざとい仕草で「アイドル道」を突き進む西田汐里さん。びよんず学校での授業でとても気になる存在になりました。繰り返しになりますが「声が可愛い」です。

高身長で手足が長いスタイルを持ちながらも、まだまだ中身は可愛らしい「女の子」今後の伸びしろがまだまだ有りそうな江口紗耶さん。

一岡さんと同い年で雨ノ森 川海リーダー、アイドル活動に対する情熱とメンバーへの深い想いが「アツイ」高瀬くるみさん。

眼鏡の男の子主人公イケメン乙女の前田こころさん。最近は髪も伸びてきて綺麗なお姉さん化が加速しております。初写真集も決定しました。

控えめな性格ながら「エース」としての宿命と責任をしっかりと果たしてくれる山﨑夢羽さん。BEYOOOOONDSでの写真集一番乗りです。島倉りかさんが大好きですが、その思いが届く日は来るのでしょうか。

いつもニコニコなハッピースマイルと優しさが持ち味ですが、反面クールな楽曲ではキレキレで憑依型パフォーマンスを魅せる「みいみ」岡村美波さん。

ボイスパーカッション、トークボックス、ジャグリング、多才な才能を見せてくれる最年少・清野桃々姫さん。

ダンス特待生、宝塚が大好きで男役ポジションが得意な平井美葉さん。メンバーからの愛され力はユニットを飛び越えてハロメン全般に波及しています。

ダンス特待生であり、女子力の王道であるハンドクラフト&メイクが得意なうーたん・里吉うたのさん。ドラマ「科捜研」好きの一面もあり、可愛いアイドルボイスが特徴的です。

比類なきピアノというスキルを発揮するだけではなく、イラストや手芸まで様々な才能を高いレベルで提供し続ける「ほのピ」こと小林萌花さん。

BEYOOOOONDSは「CHICA#TETSU」「雨ノ森 川海」「御三方(未だに未定)」の各ユニット(?)としてのキャラクターが現れていますが、それぞれの関係性の中で特に好きなのが「御三方(おさんかた)」の【研修生ではなくハロプロ的経歴も一番短いけど年は上の方】という絶妙なポジションが大好きです。

「御三方」の各メンバーに対する関係性がある意味とても「成熟」しており、高校卒業までを「普通に過ごした」彼女たちの感性は今のハロプロメンバーにはなかなか見られない感覚を覚えます。この3人は今後もBEYOOOOONDSのキーパーソンになって行くのではないでしょうか。

BEYOOOOONDSの活動は今後もヲタクが期待する「斜め上」を更新してくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です