ハロプロ

Juice=Juice2020の展望

宮本佳林さん卒業、井上玲音さん加入でどのように変化・進化していくのか?

新型コロナウィルス関連の影響により宮本佳林さんの卒業が延期されました。

これにより宮本さん卒業後に加入を予定していた井上さんのJuice=Juice合流もどのような形になるのか気になる方も多いでしょう。

この件に連動して、図らずも「宮本さん&井上さんのいるJuice=Juice」がリモートワーク合唱で実現しました。

そして加入から一年経ったメンバー工藤由愛 さん・松永里愛さん二人の成長も楽しみです。この春から工藤さんは高校1年生、松永さんは中学3年生です。成長著しい年頃にどのような変化が見れれるのでしょうか?

現役ハロメン最年長として「25歳」を迎えるリーダーの金澤朋子さん。今言えることは、25歳を超えての現役ハロプロメンバーという稀有な存在になります。後に続くメンバーの進路に関しても何らかの影響を与える形になるのではないでしょうか。

そして冒頭にも触れた、こぶしファクトリーの意思を受け継ぎ新たなフィールドに挑戦する井上玲音さん。グループへの合流した活動は先送りされた形ではありますが、Juice=Juiceとして個人の具体的なアクションがあったことは大きなニュースといえるでしょう。

大舞台である代々木第一体育館でのオクトピック公演のDVD&Blu-ray ディスクが5月にリリースされました。大観衆を前に堂々とパフォーマンスするメンバーが鮮明に蘇ります。

ある意味「Juice=Juiceの象徴」としてセンターに位置付けられる宿命であった宮本さんの卒業は「大きすぎる出来事」として様々な影響があるのは避けられ無い事実です。

しかし引き続き活動を継続するメンバーの存在感と実力に不安はありません。

ハロプロ内でも屈指の実力を誇るDIVAとして評価の高い高木紗友希さん段原留々さん。二人とも「優しい性格」として多くのメンバーやファンからも知られています。人としての懐の深さが歌唱にも反映されているのでしょう。料理上手も共通しています。

ハロプロメンバーが選ぶ「ダンスの上手い人」として一位の得票数を得ている実力を持つ稲場愛香さん。メイクの技術が高く可愛らしいビジュアルもさることながら「あざとさ」をもキャラクターとして武器にする幅広さを持っています。

圧倒的美人を常に更新しながらもトンデモ発言や天然エピソードの絶えない天才的自由人、植村あかりさん。

「卒業・加入」という制度を受け入れてユニットとして活動して行くことを決めたJuice=Juice

メンバー交代がなされた「新体制Juice=Juice」がどのような進化をしていくのか。今後の展開を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です