日常

季節の変わり目には体の「声」を聴く

春夏秋冬季節が移り変わるとき、私の体も合わせてリズムを整えます。

私には平均的なコンディションが続いた後に「疲れやすい」「朝がつらい」「なんか自分の調子がわからないな」というタイミングがあります。

ふと気がつくと季節の変わり目です。

気温が急激に上下する時期は「十分な睡眠」「着る物」「食べる物」「時間の使い方」を特に意識して過ごすようにしています。

つまり「無理をしない」です。確かに様々な都合により「そんなことにかまっていられない」かもしれませんが、忙しい日々の限定された条件の中で可能なコンディション管理を追求することが、結果的に安定した成果を出せるのではないでしょうか。

何をするにも「健康」がなければ活動することはできません。少しずつ移り変わる季節の「些細な」「ちょっとした」「微妙な」変化が及ぼす影響をキャッチして自分の体から出させる「声」に耳を傾けて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です