ファッション / やってみた / 日常

ヒゲを生やしてみる。

 

ヒゲを養生して整えたいと思い立ちました。私は「いい年のおじさん」ですので顔に滲み出る加齢を受け入れる一環として始めてみます。

 

口髭、頬髭などヒゲの生やし方には色々なパターンがありますが、私は「顎髭(あごひげ)」を選びました。

社会生活で「ヒゲが必要」な場面は、あまり無いと思うので世の中にいるヒゲ愛好家のスタイル選択理由は「好み」だといえるでしょう。

俳優さんは「役作り」としてヒゲを生やすことがありますが、その言葉の通りヒゲの有る無しで顔の印象も大きく変わります。

芝生を手入れしているような作業感もあり、ヒゲの楽しさは奥が深そうです。

毎日少しずつ生えてくるヒゲを整えていると顔の雰囲気が変化していく様子がわかります。

参考リンク→カミソリで有名なメーカーのジレットが手入れ方法や自分に合うスタイルを解説しているページです。

「不精ヒゲ」という言葉もある通り、手入れを怠ると見られる人にだらしがない印象をあたえてしまいますので注意が必要ですね。

ヒゲの養生は一夕一朝で成り立ちません。毎日の積み重ねを大切に育てていきたいと思います。

朝の忙しい時間に顔のお手入れが面倒な男性も多いかも知れませんが、グルーミング(毛づくろい)の楽しさとサッパリ感は、一日の始まりに気持ちを切り替えるキッカケとしてもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です