やってみた / 日常 / 未来志向

引っ越しは娯楽【その2.5】

断捨離です。とにかく棄てる。私の場合、引っ越し先のスペースが小さくなるため、不用品整理を余儀なく断行する事になりました。

これは私にとって良い機会で、ずっと整理したかったアレコレを手放すきっかけになり、新生活とライフスタイルの変化に対応できるベースが調いました。

手放す際の【超重要ポイント】

判断の勢いとスピード!!!

今まで使っていなかった押し入れの物を掘り返すと、どうしても「そういえばこんなの持ってたなぁ」という気持ちと、それにまつわる思い出がリンクします。

しかし!そのアイテム達は「今まで使われず、目に触れる事もなく、使わなくても生活に支障のない物」なのです。譲り先での使用や再生という「次の段階」へ進めてあげましょう。

手放したものリスト

  1. クローゼット×2
  2. テレビ
  3. テレビ台
  4. 本棚×2
  5. 電子ピアノ
  6. オイルヒーター
  7. PC用プリンター
  8. オーディオ機器
  9. 古い掃除機
  10. 古いPC用スピーカー

そのほか、大量の読み終わった本や漫画、着ていない服、諸々の生活雑貨等

このような機会が無ければ、そのまま押し入れのスペースを占領していたあらゆる物たちに「感謝」してお別れしました。

スペースの問題解決以上に効果を感じたのは、今の自分に必要なもの、今後に役立つ資料などが高純度で選別され、頭の中の整理が進んだ事です。

連載記事お次はこちら→引っ越しは娯楽【その3】

連載過去記事はこちら→引っ越しは娯楽【その2】

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です