日常 / 未来志向

変化のスピードが見える。加速する社会構造の進化

2019年、どのように生きたか。2020年、どのように生きるか

世の中の変化が速すぎて、まさしく「渦中」に生きる私達

僕自身も今年は大きな変化の中に「生かされた」一年でした。

今までの在り方が今後は通用しない事を思い知らされ、しかし、自ら適応して変化する覚悟を持つと、大きな可能性に胸が膨らみ、希望と意欲をかき立てられます。

juice=juiceの楽曲に「この世界は捨てたもんじゃない」というタイトルがあります。ひたむきに、前向きに生きる楽しさを唄ってくれるjuice=juiceのメンバーに勇気づけられました。

世界が、日本が大きく変化しています。その変化の波は大きく劇的に社会は変わっていきますが、僕自身はその変化を肯定的に受けいれられています。

ダイバーシティという言葉が踊って久しい昨今、まさにその「多様性」が世の中を大きく推進させている事を実感していますし、その勢いはますます加速するでしょう。

その変化の中、「どうしていいかわからない」、「変化が怖い」という人達もきっと居ると思います。しかしその点についても僕は比較的、楽観視しています。

その「変わらない」という事実も「多様性」の一部なのですから。

そのような人達が「おいてけぼり」にならない仕組みが必要である事は認知されているし、様々な取り組みもされています。

僕自身の来年は変化を楽しみ、多様性と変化の中に「生きる」一年にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です